スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.01.06 Friday | - | 

私の男

評価:
桜庭 一樹
文藝春秋
¥ 1,550
(2007-10-30)

お父さんからは夜の匂いがした。 狂気にみちた愛のもとでは善と悪の境もない。暗い北の海から逃げてきた父と娘の過去を、美しく力強い筆致で抉りだす著者の真骨頂『私の男』。 優雅だが、どこかうらぶれた男、一見、おとなしそうな若い女、アパートの押入れから漂う、罪の異臭。家族の愛とはなにか、超えてはならない、人と獣の境はどこにあるのか?この世の裂け目に堕ちた父娘の過去に遡る―。黒い冬の海と親子の禁忌を圧倒的な筆力で描ききった著者の真骨頂。
GOSICKと比べてものすごくねっとりとした話。七竃もそうだったけどなんと言ったらいいのか分からない。章が進むごとにどんどんと過去へ遡っていく作りに引き込まれた。最初の話で読み手はこの話のラストがどうなるか分かってしまう。そして「彼らになにが起こったのか」読み進めるごとに実体がどんどんと浮き上がってくるのだけれど、それが父と娘の歪んだ愛の形だと分かってなんだか泣けてきた。私は女なので小町と同様に娘である花が卑怯に見える。淳悟はこの話の前に何をしでかして、そしてこの後にどうなったんだろう。最後の章の二人が微笑ましくて、一見読後感はいいのだけれど、この二人があの未来に行き着くのかと思うとやるせない…。
2012.10.22 Monday | 小説(さ行の著者) | 

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1

富士の樹海の果ては、異世界に続いてた!?そこはドラゴンが空を飛ぶ、まさにファンタジー世界そのもの!!そんな非常識な状況に放り込まれたのは、単なる高校ドロップアウトの慎一。ラノベ作家の父とエロゲー原画師の母を持つ、サラブレッド級オタクの慎一だったが、だからといって特別な力は何も無い。持っているのは、ただ『萌え』についての知識、見識、勘だけ。それで本物の異世界と交易しろって!?そう、慎一に果せられた任務は『萌え』の伝道だった!というわけで何がなんだか分からないまま、実は中身がちょっと腐ってる女性自衛官に護衛されつつ、ハーフエルフのメイドさんや美幼女皇帝と親交を深めて、なんとなくいい感じになっていくと、今度はテロが―。
面白かった!表紙というか帯で色々損をしている気がする。単純にこういう萌え系なオタクをターゲットにしてるんだとしたら読んだときに表紙詐欺だと思われそうな…。二次元燃え(萌え)文化がないところにアニメ・漫画を持っていったらどうなるか。ものを面白いと思えるかどうかっていうのはそれまで育ってきた文化の下地がやっぱり必要なんだなーと改めてしみじみ。内戦勃発地域に戦争映画持ち込んだってそりゃ流行らないだろうって話ですよね。異世界に漫画を持ち込んでみる→まず日本語が読めない→日本語を教えようとする→異世界の人「日本語以前に字が読めるのは貴族だけです一般人が字なんて読めるわけなんでしょ?」みたいなシーンがあるんだけど(<異世界言語に翻訳してみたらどうだろうってことで)現代の識字率の高さ(特に日本)から字が読めないなんて想像だにしないもんなあ。それにプラスして階級制度ががっちり根付いている・独裁者がいる世界に「人類皆平等!学校作って勉強教えちゃうよー」っていうのは階級制度の上のほうにいる方々には迷惑でしかないわけで。文化の侵略は土地の侵攻よりたちが悪いぜーという割とドロっとした話なのに帯が「萌え」だもんだから表紙詐欺だと最初に書いたのです。文化の侵略っていっちゃえば洗脳だもんなあ。宗教もそうだけど。
2012.01.05 Thursday | 小説(さ行の著者) | 

2012年の目標

サボらず読書記録をつける、です…。 2011年読んだ本はまだまだあるんだけど…ね。 読んだらすぐに感想書くようにしようと思います。思いますじゃだめか、書く!
2012.01.05 Thursday | 雑記 | 

とある飛空士への夜想曲(上)

「美姫を守り単機敵中翔破一万二千キロ」その偉業を成し遂げたレヴァーム皇国軍の飛空士「海猫」の前に立ちはだかった最大のライバルにして、天ツ上海軍の撃墜王・千々石武夫。独断専行により一騎打ちを仕掛け、海猫に敗れた千々石は、再戦を胸に秘めていくつもの空戦場を渡る。「出てこい、海猫」激情の赴くままに撃墜を重ねる千々石のその背には、天ツ上の国民的歌手・水守美空の歌があった…。空前の大ヒットとなった『とある飛空士の追憶』の舞台、中央海戦争の顛末を描く、新たなる恋と空戦の物語。
上下巻まとめて読もう。そう思って上巻が発売された時に買わずにいました。いざ下巻が発売されても余韻を楽しもうと上巻のみを買ってまだ下巻を購入していません。ええ、現在手元に下巻はないのです。なのに読んでしまった。序章だけで読むのを止めて下巻を購入して一気に読もうと思ったのに手が止まらなかった。 だって海猫が序章から出てくるんだものー! というわけで一気に読みました。シャルルと同じように下層からの成り上がり千々石。嫌いじゃない。嫌いじゃないですこういうキャラ。実際追憶のあとどうなったんだろう?という疑問はありました。恋歌で「彼」が出てきたこともあって、とりあえず空にはいることがわかってほっとしたのは事実ですが、追憶も恋歌も戦いの物語であると同時に恋物語であって、国としての行く末が書かれていたわけではないのでね。すごくすごく下巻が読みたい。けど読みたくない。なぜなら先ほど書いたように恋歌に彼が出てくるということは、この夜想曲以降も彼は生きてるわけです。ずっと引き分けの戦いを続けていければいい。けれどきっとそうはならないでしょう?恋歌のことがあるので、実は今回もああ、こいつらいつ死ぬんだ…とハラハラしながら読みすすめました。225ページの
――おれは、お前の下が戦いやすい。
本人に直接言ってやれよ!と思ったりもしたけど、多分これ口にしたら死亡フラグでしょう?下巻は色々覚悟して読みます。タオルの準備してな!
2011.09.27 Tuesday | 小説(あ行の著者) | 

お嬢様と恋する錬金術師

「お姉様が王子様の花嫁になるべきよ!」そのために必要な王家への貢ぎ物を求め、悪名高い『久遠の森の錬金術師』を頼るチェリル。だが森の奥で出会ったのは彼の孫を名乗る少年だった。恋と魔法のコミカル・ラブ・ファンタジー登場!!
サイドバーにありますバナーのキャンペーンで頂いたもの。せっかくなので感想も。「少しだけ大人な」と謳い文句にあるようにいわゆる性描写を含むハーレクインとまではいかなくともティーンズラブ的な内容なのかな〜と思ってたのですがしごくあっさりしておりました。まあキスはしてるしやることはやってるんですけどベッドシーン、暗転、翌日な感じだったのでこの作品はどちらかというと中学生あたりの子向けかもしれません。イラストもほわほわしてて可愛いですしね。(ウェブ小説としても公開されてます) チェリルもミリアルドもお互い一目ぼれみたいなものなので、恋に落ちて発展する描写もとくになく…(ヒロイン・チェリルがミリアルドに王家への貢物作成を依頼→ミリアルドはチェリルが王子と結婚するためだと勘違いしてふてくされ→ミリアルド好き!)なんか本当に可愛いね〜くっついてよかったね〜と非常にゆるいお話でした。まあ微妙に謎も残ったままなんで評判が良かったら続編が出るんでしょうけど…性描写ありを売りにするならもうちょっと押し出した方がいいんじゃないかな…。まあ大体の想像はついてますけど。
2011.07.15 Friday | 小説(さ行の著者) |