<< ヤングガン・カルナバル―そして少女は消えた | main | 闇の守り手 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.01.06 Friday | - | 

DEATH NOTE the Last name

前作のネタバレ隠さず書いてます。
※未鑑賞の方はご注意下さい。

前作に引き続きやっぱり見に行ってしまいました。映画公開前に(ついでにアニメ放映も前)小畑逮捕とか、撮影監督の訃報とかあってどうなることかと思ったんですが、延期もされずちゃんと公開されて良かったです。今回も原作と違ってはいるけれど結構上出来。ただ前作で意外とよかった、と思ったオリジナルキャスト(彼女)が尾を引いてる。彼女が亡くなったばかりなのにミサが彼女として登場するのは正直周りから心象悪いんじゃないかと思うんだけど。もうちょっと傷心している様を見せてくれないと「もう別の女ですか」と彼女の死をあんまり悼んでいないヒドイ男として映ってしまうんですが。まぁミサを彼女にしないと話が進まない、ってのはわかっているんだけど、そこをそのまま使うんであれば香椎の話はもうちょっと考えた方がよかったと思う。まぁ中盤はほぼ原作通りなのでスルーするとして、月VSLの戦いの決着は そ う き ま し た か !
<ネタバレ>
最初はそのままLが死んで終わりかー、と思ったんだけど演技かよ!w 結局月パパも死なずに済んだのでハッピーエンド・・・なの、か?まぁあのままLだけ死んで、月が生き残るENDっていうのを想像していたのでいい意味で裏切られたかな。高田があぁいう役回りになるとはなぁ。魅上を高田にシフトチェンジするために前半での彼女(香椎)の役名が高田じゃなかったのか。Lが最後に「一人にしてください」って言うのはちょっと悲しかったな。まさに試合に勝って勝負に負けた、ってやつか。結局共倒れだしな。そして最後の「一年後」っていうのはホント蛇足。いらないだろ、あれ。
</ネタバレ>
あと前回も思ったんだけど、リュークなんかのCG、もうちょっとうまく出来なかったの?FF7ACとかの方がよっぽどうまく出来てると思うんだけど。ジャパニメーション、とかいってアニメ技術があがってきてるんだから、CG技術もそれに伴ってあがってきてると思ってたんだけどな。それともそんなに予算なかったの?<ただそれだと予算以上の興行収入がはいって大儲けだね。
とりあえずマンガデスノを読み返したくなった。全巻売り払ったけど。

2006.11.07 Tuesday | 映画 | 

スポンサーサイト

2012.01.06 Friday | - |