<< 獣たちの夜―BLOOD THE LAST VAMPIRE | main | イノセンス After The Long Goodbye >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.01.06 Friday | - | 

好き好き大好き超愛してる。

評価:
舞城 王太郎
講談社
¥ 1,575
(2004-08-07)
Amazonおすすめ度:
舞城氏の本音。
鋭く芯がある本
何がイイって、題名が最高
楽天ブックス / bk1 / 7&Y icon
愛は祈りだ。僕は祈る。僕の好きな人たちに皆そろって幸せになってほしい。それぞれの願いを叶えてほしい。温かい場所で、あるいは涼しい場所で、とにかく心地よい場所で、それぞれの好きな人たちに囲まれて楽しく暮らしてほしい。最大の幸福が空から皆に降り注ぐといい。僕は世界中の全ての人たちが好きだ。
舞城王太郎の書く文章は人を選ぶと思う。「読みにくい」と感じるか、「引き込まれる」と感じるか。とりあえずあたしはこの出だしの文章に引き込まれた、というより引っ張られた。タイトルを見るだけだと「舞城の恋愛モノ!?」と思ってしまいそうだけど、これはもっと大きく括った「愛」の話。「世界の中心で愛を叫ぶ」と比較されてますが(なぜか)、それとはまた別物。途中語り手が変わるので読みにくさはあるものの、慣れたらグイグイ読めました。
「ドリルホール・イン・マイ・ブレイン」はもう何ていっていいのかわからない・・・!
2007.02.22 Thursday | 小説(ま行の著者) | 

スポンサーサイト

2012.01.06 Friday | - |