<< 闇と光の双翼―フェンネル大陸 偽王伝 | main | 2008年7月読了リスト >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.01.06 Friday | - | 

戸村飯店青春100連発

評価:
瀬尾 まいこ
理論社
¥ 1,575
(2008-03-20)
Amazonおすすめ度:
家族について
深い愛情と時間が綴る成長物語
兄弟
大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店。この店の息子たちは、性格も外見も正反対で仲が悪い。高3の長男・ヘイスケは、昔から要領が良く、頭もいいイケメン。しかし地元の空気が苦手で、高校卒業後は東京の専門学校に通う準備をしていた。一方、高2の次男・コウスケは勉強が苦手。単純でやや短気だが、誰からも愛される明朗快活な野球部員。近所に住む同級生・岡野に思いを寄せながら、卒業後は店を継ぐつもりでいた。 春になり、東京に出てきたヘイスケは、カフェでバイトをしながら新生活をはじめる。一方コウスケは、最後の高校生活を謳歌するため、部活引退後も合唱祭の指揮者に立候補したり、岡野のことを考えたり、忙しい日々を送っていた。ところが冬のある日、コウスケの人生を左右する大問題が現れて……。
2008.07.30 Wednesday | 小説(さ行の著者) | 

スポンサーサイト

2012.01.06 Friday | - |